北欧風インテリアが似合う家とはどんな家?

北欧風インテリアの似合う家

今更聞けない?北欧風インテリアとは

居心地の良さを追求したインテリアのコンセプトである「北欧風」。 同じ「北欧風」でも種類は大きく分けて2種類あります。 目指すタイプがどちらのタイプ化によって、コーディネートにも違いが出ます。 向いている居住空間の形式も変わりますから、まずは、タイプの違いについて理解しておきましょう。

北欧風にするポイントはカラーにあり

北欧風コーディネートは、使用するカラーの選び方が一番のポイントです。 メインとするカラーの2色、壁や床などの面やソファーやラグなど、大きな面積を占めるもの色、そして、クッションやテーブルの装飾など、ポイントを絞って使われるサブカラー2色が基本です。

北欧風インテリアに向いている家具

カラーのコーディネートが決まれば、次に忘れてはいけないのは、温かみを醸し出すウッディな家具などを加えて、自然が感じられるテイストに整えることです。 金属を使った家具や革製のスタイリッシュな人工物よりも、自然が感じられる木製の家具や、天然素材を使ったファブリックなどが向いています。

2種類ある北欧風インテリア

インテリアのコンセプトを決めようとした時、どんなものが思い浮かびますか?
白や木を多くもちいた「ナチュラル」、ガラスや金属などを取り入れた現代的な印象を受ける「モダン」、グレーピンクを取り入れた配色やさりげなく花柄やレースなどを取り入れた「エレガント」。
これらと並んでよく耳にするのが「北欧風」のインテリア。
白を基調にしていて、木のぬくもりが感じられるようなという言葉で説明すると、ナチュラルとの差がはっきりしませんね。
「北欧風」を説明するにはどのような表現が最適なのでしょう。

北欧とは、フィンランドやノルウェー、スウェーデンとデンマークの4か国を差す言葉です。
この地域は緯度が高く、冬場の日照時間がとても短いため、外で過ごすよりも室内で過ごす時間が非常に長いのです。
そのため、長い時間屋内にいても快適で居心地の良い空間を作れるように、北欧の各家庭で工夫されていったのです。
明るくて暖かく、家の中にいても自然の息遣いが感じられる、それが北欧風インテリアの基本です。
北欧風インテリアで最も大切にしているのは色です。
床や壁、天井に使われる色、ソファーやラグ、テーブルなどに使われる色をメインカラーとして、2色、クッションや小物に使われるサブカラーを2色とするのが基本です。
そして木目の家具を用い、自然の息遣いを室内に取り入れる工夫も忘れてはいけません。
その家具ですが、北欧風インテリアでは、特に柔らかな曲線を取り入れていることが多いのが特徴です。
曲線でできている人間の身体には、曲線でできた家具はフィットしやすく、居心地が良いものです。
ポイントを押さえてアイテムを取り入れれば、自宅のお部屋でも北欧風を楽しむことができます。

おすすめリンク

福井のモデルハウスの探し方

福井県で展示中のモデルハウスを探すにはどうしたらよいでしょうか。モデルハウス訪問のやり方。