>

今更聞けない?北欧風インテリアとは

北欧モダンというタイプ

「北欧モダン」とは、インテリアコーディネートで良く用いられる「モダン」のコンセプトに、「北欧風」のテイストを加味したスタイルのことです。
通常、「モダン」は直線的な要素や、金属やガラスなどの無機質な素材を用い、都会的な印象を与えるインテリアコーディネートのスタイルです。
無機質なものを使うことから冷たい感じになりがちなこのテイストに、ぬくもりを感じさせる木製の家具、温かみのある色を配色することで、居心地の良い空間を作り出すのが「北欧モダン」です。
シンプルながら、優しいテイストのコーディネートです。
直線的なデザインと合わせることで作り出すため、マンションや現代風のレイアウトになっている一軒家でもコーディネートしやすいタイプです。

北欧ビンテージというタイプ

もう一つのタイプとして「北欧ビンテージ」というタイプがあります。
これは、1940~1970年代に、北欧で作られた家具をインテリアに取り入れたものです。
この時代の家具には、木材を使った懐かしい感じの物が多く、建材にも木を多く使われている日本の従来の家にもマッチするテイストになっています。
北欧では、気に入った家具は一家で代々引き継がれることが多いそうです。
日本でも古い道具を大切にする文化は根づいていますので、こういうところも、北欧風のテイストが日本の居住スペースと相性が良いポイントなのかもしれません。
時間の経っている在来工法の住宅やアパート、古民家のリノベーションなどにも生かされることが多いです。


この記事をシェアする